倉吉エリア

 
 
 
 

魅惑の装具

このエリアでは魅惑みわく装具そうぐである天女てんにょにつけるもの(3はこ)さがしてほしい。
秘宝ひほう報告所ほうこくしょ地図ちずの★部分ぶぶん)から半径約はんけいやく600m範囲内はんいないかくされている。
所要時間しょようじかん徒歩とほやく2時間じかん。キミたちの健闘けんとういのる。

 

倉吉マップ

 

宝探し始まりの場所・報告所 まずはここに向かって「十七秘宝の書」をもらおう!

ほうき「宝を見つけたらもう一度ここに帰ってくるのね」

倉吉白壁土蔵群観光案内所

鳥取県倉吉市魚町2568 赤瓦十号館1F
電話 0858-22-1200 年中無休(8:30~17:00)

情報屋(ヒント店) 謎が難しかったらここでヒントを見よう!

ひらく「お得な『サービス』付きの施設は要チェックだ!」
  • りんりんや

    開館時間:8:00~18:00  休館日:年中無休

  • 町屋 清水庵(せいすいあん)

    開館時間:11:30~14:00、17:30~21:00、喫茶は9:00~21:00  休館日:年中無休

  • 赤瓦一号館

    開館時間:9:00~17:00  休館日:年中無休

  • 倉吉ブックセンター

    開館時間:10:00〜18:00  休館日:年中無休

  • おもちゃのたいら

    開館時間:9:00~18:00  休館日:年中無休

  • 混智恵流都(コンチェルト)

    開館時間:10:00~18:00  休館日:水曜(祝日の場合は翌日休)


倉吉の歴史

倉吉市は伯耆国の中心(国府)だったところ。天女伝説の残る打吹(うつぶき)公園や、江戸~明治に建てられた商家(しょうか)や土蔵が立ち並ぶ白壁土蔵群、そして「里見八犬伝(さとみはっけんでん)」のモデルと言われている里見忠義公と八賢士ゆかりの地でもある。


歩き疲れたらひと休みしよう

食事・お土産スポット

キンロー「秘宝を探すのも体力勝負。休憩は大事だぜ!」

一口たい焼き・みやげもの りんりんや

一口たい焼き・みやげもの りんりんや

営業時間:8:00~18:00
定休日:年中無休


倉吉白壁土蔵群の中心地にあるたい焼き屋さん。気さくな店主が出迎えてくれます。名物の一口たい焼きは、7種類の味が楽しめます。

町屋 清水庵

町屋 清水庵(せいすいあん・餅しゃぶ)

営業時間:11:30~14:00、17:30~21:00、喫茶は9:00~21:00
定休日:年中無休


明治時代の町屋を改装した風情のある建物。見た目にもカラフルで人気の「餅しゃぶ」が名物です。

赤瓦一号館

赤瓦一号館

営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休


赤瓦のシンボル的存在の赤瓦一号館。1階は倉吉だけでなく周辺のお土産物も多彩な品ぞろえ。2階はこだわりの倉吉絣や陶芸品などこだわりのショップが並んでいます。

軽食喫茶 混智恵流都

軽食喫茶 混智恵流都(コンチェルト)

営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜(祝日の場合は翌日休)


大通り沿いにある、レトロな外観が目印の喫茶店。20種類以上の紅茶と自家製ケーキがオススメ。

土蔵蕎麦

土蔵蕎麦

営業時間:11:00~16:45(閉店17:00)
定休日:木曜


素朴な手打ちそばの店。民芸家具が置かれた店内は風情があります。レトロな雰囲気を味わいながら、美味しいそばを食べることができます。

打吹庵

打吹庵

開館時間:11:00~15:30
定休日:不定休


赤瓦八号館の2Fにある、そば専門店。具がたっぷりのった天女そばが名物。

天女のいずみ

天女のいずみ

営業時間:8:30~17:00
定休日:年中無休


地産地消をテーマにしたキッチンカフェ。

食事

ぎゃらりぃ 和(なごみ)

営業時間:10:00~17:00
定休日:無休(12月31日~翌1月1日休)


昭和初期の銀行を改装して使った建物。染物のショップと兼用のカフェ。

食事

サダルチョーク

営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜(祝日の場合は営業)


インド雑貨が飾られた心地いいカフェ。

久楽

久楽

営業時間:9:00~17:30
定休日:年中無休


赤瓦5号館『久楽』。2階喫茶店で石臼で挽いたコーヒーに小豆を入れて飲む「石臼珈琲」を自分で体験して飲める。1階では地元作家の作品(陶器など)や特産品を販売しています。

白壁倶楽部

白壁倶楽部

営業時間:10:00~21:00
定休日:水曜(祝日の場合は翌日休)


明治時代に建てられた銀行の外観をそのまま利用した、趣きあるレストラン。


上へ戻る